読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Motoholic by MBK

東生駒Motoholic、 ..日々の四方山話。

デンと構えてるかな.. R80fcr あともう少し

BMW レギュラーメンテ&セールス いろいろなこと

「展示場で、少々キズやヘコミがあろうとも、ここはオレの場所だとばかりに威張ってデンと構えて据わってるクルマは買っても失敗は少ないが、やけにキレイでピカピカで浮き足立ってるのは買ってから泣かされる事が多いと思う。 技術的にどうとかいう事が判らなくても、そこは誰でも同じだと思いますよ~」といった意味の事が、昔読んだ単行本に クルマ好きの中古車店主の話として書いてありました。

さてさて、このR80はデンと構えて据わってるでしょうか。
Fタイヤがオーバーサイズなので、重量感はありますが... 。

コツコツ じわじわ 進んでいる このR80中古車の仕上は、昨日、リフト上でようやく着地、4輪で言えばウマが外れました。   

f:id:motoholic:20170322134711j:plain
今日より3-4日、唐突にスターターが回らなくなる実稼働中の別の個体の整備が挟まってしまいますが、その後あと1週間くらいで初爆確認し、受検日程が決まります。
ご契約から1年以上お待ち頂きました( m(_禿_)m 恐縮デス )が、ここで手抜きをしては当店でお買い求め頂く意味が無くなってしまいます。 名変用の住民票を御用意頂き、もう少々お待ち下さい。

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。

Yamaha CZ125 Tracy 駿足復活(出庫)

その他の旧車 レギュラーメンテ&セールス

Yamaha Tracy CZ125 今やかな~りレアな、駿足水冷2stスクーターです。

f:id:motoholic:20170304232915j:plain
1983年デビュー、初期型RZ250に3年遅れての発売で、スクーターのRZなんて呼ばれていた機種です。
ご尊顔を撮り忘れたので、後姿ですが、なんだかスタートレックを彷彿とさせるスタイリングですネ。

オーナー様は、中古車を探して探して探して発掘して購入されたのですが、発進加速がもたつくとの事で、かな~り以前から大型車の整備をご予約頂いていたのですが、こちらを先にと、急遽 差替で整備入庫、パワーを取戻しても安全に走行出来るように各部整備致しましたら、予想の2倍の時間と費用がかかりましたが、何とか及第点にこぎつけて完成、出庫致しました。

シーブの磨耗した機械制御のCVT特有の症状で、ゼロ発進のもたつきはどうしても拭いきれませんでしたが、エンジンの整備/調整とCVTのウェイトローラーの(質量の)調整で時速25km/hr以上は往時の駿足を取り戻しました。
先般CRキャブレターをリセッティングしましたR80同様に、乗り手を前に前に誘う乗ってワクワクするスクーターに仕上がりました。

f:id:motoholic:20170304225549j:plain
ナント、乾式多板クラッチです!!

 
 <ヤマハHPより画像を拝借しました>f:id:motoholic:20170304225547j:plain
<仕様諸元>
全長 × 全幅 × 全高: 1,875mm × 725mm × 1,135mm
車両重量: 92kg
エンジン型式: 水冷, 2ストローク, 単気筒, 123cm³
最高出力: 11.8kW(16.0PS)/ 7,000r/min
最大トルク: 16.7N・m(1.7kgf・m)/ 6,500r/min
販売価格(当時): ¥279,000

 

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。

分解組立のウンチク(R80 fcr)

レギュラーメンテ&セールス BMW いろいろなこと

今回は、ヤマハ CZ125 Tracy の記事の予定でしたが、R80の納車整備にての初めてのFCRで へえ~ って思った事などありましたので、御紹介致します。

 

§ FCR全開合せ
f:id:motoholic:20170304230009j:plain

綺麗にOHしました ケーヒンFCR Φ37 ですが、マルチシリンダー向けを主眼に設計されている事に起因するのか、全開位置調整が軽んじられ、2基でまるで違っていて、独立2本引きのスロットルケーブルでは、私どものような路上でしかセッティング確認出来ない環境では(内部リンケージは同じセッティングにしたい為)後日に困ってしまうであろう事が判り手直し致しました。

f:id:motoholic:20170304230008j:plain
画像の状態は、加速ポンプが効き始める位置にスロットル開度を合わせた状態で、ラフでしたが、まぁ、大体合っていました。

問題の全開位置ですが、調整しづらい構造にもかかわらず左右2mmくらいの差が出来ており、全開位置はいずれか一方で規制される事にならざるを得ず、ワイヤー2本引きでは、いづれ左右バランスを崩しかねないと思われました。

そんな訳で、固定式のストッパーボルトに手加工で板圧を調整した座金をはさんで調整する事に相成りました。(上の画像で黄色のペイントロックが施してあるところ)

現物あわせでシムワッシャーを作るのは結構タイヘンです。

f:id:motoholic:20170304230007j:plain

出来上がりは下の画像の如くです。

f:id:motoholic:20170304230011j:plainf:id:motoholic:20170304230010j:plain

 

 

§ ステムベアリング座の手入れ

大抵、うっすら湿気でカジっているステムベアリングを抜くのはタイヘンです。
f:id:motoholic:20170304230002j:plain

大切なのは、レースを抜いた後のベアリング座の打痕やふくれ の 組立前の手入です。

f:id:motoholic:20170304230004j:plain
画像の赤丸の中の、ベアリングが座る座面は、実は固着したベアリングを緩める為に叩き込んだタガネが入り過ぎ、少しふくれてしまったのを手直ししてあります。
手仕上の経験の無い人には見分けがつかないと思いますが、コーキンタガネ と呼ばれるタガネで修正してあります。

一寸した事なのですが、こういった地道な"機械的に正しく"組み立てる作業は、完成後の円滑な動作と耐久性を確保するのに必要不可欠なのです。

f:id:motoholic:20170304230006j:plain
タガネ いろいろ

 

さて、R80の部品整備は概ね完了、一旦少しの間スクーター(Tracy])整備に移り、完了後、一気に完成までもちこみます。

f:id:motoholic:20170304230012j:plain

 

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。

溶けない油(FCR整備)

BMW レギュラーメンテ&セールス その他の旧車

 Motoholicの予定表は 地味~に じわじわ~っとすすんでおります。
 今日は一寸珍しい話題、溶けないグリースのお話です。

---売約済中古車 R80 の ケイヒンFCRキャブレター(Φ37) の洗浄整備を進めていたのですが... 、
これのスロットルバルブを吊り上げる軸にはニードルローラーベアリングが使われており、そこには高価なフッ素グリースが給油されています。
 FCRもオーバーホールしてお渡しの為、勿論、フッ素グリースはぬかり無く手配していたのですが、いざ洗浄の段になって当たり前の事にいまさら気づきました。「ガソリンに溶けない」フッ素グリース は、アルコール にも ラッカーシンナー にも 業務用の強力なキャブクリーナー にも まるで溶けないのです。 つまりは劣化して固くなって砂塵も含んでしまっているのに簡単には洗い流せないのです。 (30年前ならダイフロンという手があったかもしれませんが、代替溶剤では これを溶かすとは考え難く)流石に困ってしまいました。

f:id:motoholic:20170215160852j:plain
画像↑ではフッ素グリスがラッカーシンナーに浸っています。
(ナント、シンナーを弾いていますwww)


---クリューバーのグリス、バリエルタ L55/2 なるものが相当するのですが、MSDSも「企業機密」の下 まるで情報は無く、基油のフッ素オイルについて調べても「フッ素系潤滑剤は他の油剤類との相溶性が全くありません」なんて書かれている始末。
..そんな訳で、一計を案じました。 基油であるフッ素オイルを手に入れて、グリスを柔らかくし、強力な界面活性剤(=キャブクリーナー)で洗い流そう! ...で、探しまくりました、入手容易なフッ素オイルを。

f:id:motoholic:20170215160853j:plain
(^^)v クリューバーのフッ素オイルスプレーで、やっと溶けました。
本来の使途(電気接点用)とは違うのですが、何らかの溶剤で薄めたフッ素オイルのスプレーでMSDSを見ても溶媒は「企業機密」になっていますが、まあ、結果オーライです。グリスが溶けてやわらかくなってくれれば、リテーナーの中のグリースも洗い流せます。


---フッ素グリースをゆるめ、キャブレターを浸漬洗浄して、洗浄槽の缶の底に溜まった残渣からグリースを集めるとこんな按配です。

f:id:motoholic:20170215160851j:plain
溶けずにモロモロになって、洗浄槽の底の残渣に混じってに溜まってました。
ガソリンに溶けない特性は、用途の中では有利なのですが、整備する側には、手も工具も入らないところに使われると本当に扱いにくいです。

 

 ----------

<今般洗浄中の部品>

地味な作業ですが、部品の清浄さは、整備の基本中の基本。
こういうところは手抜きをしないのが、当店の流儀です。

---FCR総バラシ洗浄
f:id:motoholic:20170215160155j:plain
キャブレターは 砂塵の付着が激しかったので結局完全にバラして浸漬洗浄。

---Fフォーク
f:id:motoholic:20170215160156j:plain
Fフォークは外観の割に中身は極上、新車からキチッとオイル交換して維持されていると、驚くほど磨耗が少ないです。
空冷ツインのフォークの美点はなんといっても既製品のブッシュを使わず、H-Crメッキのインナーチューブをボーリングされたボトムケースのアルミダイキャストで直受けしている事です。 これが、Fサスの剛性向上に大変役に立っていますネ。

 

◇雑務ともいえぬ諸々に追われて、少々もたつきましたが、コツコツ止まらずに進んでいます。

m(_禿_)m スミマセン デス

 次回は、CZ125、珍しい怪速スクーターの話題です。

 

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。

謹賀新年!

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、お客様各位には、大変お世話になり有難う御座いました。
本年も相変わりませず、宜しくお願い致します。

Motoholic by MBK 店主敬白

 

諸事情で、2016年12月は35日まであった勘定で完了推移致しました。
本日1/6より復帰開店致しておりますが、店頭作業は1/9まで年始のお休みです。
少々イレギュラーな年始ではありますが、中断しておりました納車整備と並行しまして御予約関係は日程/又は下見打診から始めさせて頂きます。

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。

広告を非表示にする

御予約作業に復帰します

BMW ちょこっとメンテ&セールス レギュラーメンテ&セールス その他の旧車 いろいろなこと

今般、全ての御予約作業が停止しておりましたが、行きがかり上 掛かりきりになっておりました作業が完了し、本日より御予約の作業に復帰致します。

お客様各位には大変ご迷惑をおかけし、申訳ございませんでした。

年内、残すところ あと僅かですが、納車整備メインにて、今後の進め方、乃至は、下見にお伺いする御相談を差上ますので、宜しく御願い致します。

以上、取り急ぎ、御一報まで。

Motoholic by MBK 店主敬白

遅れてます~ m(_禿_)m

レギュラーメンテ&セールス ちょこっとメンテ&セールス BMW その他の旧車

昨日付のBlogで様子がいっぺんに判ったお客様も居られる事と思います。

複数の急患があったり、地雷を踏んでしまったり.. 。
HD-FLH出庫以来、なんとか回避してきましたが、ここ2週間ばかり想定外が続いております。 割込対処がおおごとになってきました。連絡ブログの方をアップデートしている余裕も無いので、とりあえず、こちらでお客様各位に状況お知らせのみ。

鬼が笑いをこらえています。

(H)

m(_禿_)m  コレを片付けないと 色々止まってます~
f:id:motoholic:20161202151745j:plain
由あって緊急手術中の旧型BINGΦ40。 本来ならば、新しい方のBINGΦ40とFCRをバラしてないとイケナイ時期なのですが.. 、お待ちのお客様、誠に申し訳ございません.. 。

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。

motoholic00.hatenablog.jp

 

工具を作る(ミニチュアサイズのシカラップ)

BMW いろいろなこと レギュラーメンテ&セールス その他の旧車

想定外の事態に、定休日に工具作りです。
サテ、これは何でしょう?

f:id:motoholic:20161202132901j:plain
頑固な耳垢を削り取る鋼製耳かき.. ではありません。(今回は似た作業ですが)
スクレパー (キサゲ、シカラップ)などという摺合せのための刃物を、安物のドライバーを潰してミニチュアサイズで作ったものです。

一応、トーチランプで炙ってなまして、一部鍛造し、削り出してこの形を作り出してあります。 ..上の画像は、まだ粗砥ぎの段階なので白いままです。

焼き入れして砥ぎ上げるとこんなふうになります。f:id:motoholic:20161202132902j:plain
これは円筒内面用のシカラップの形状をしています。

 

さて、これらを何に使うか..f:id:motoholic:20161202132903j:plain
今回は「キャブ掃除」デス。
刃物の形状は、精密仕上に使うキサゲ や シカラップ に倣っていますが、直径数ミリの穴の中の浸漬洗浄では取れない汚れを削り落とすのに使用します。
本来の用途の摺合せをする訳でなく地金もダイキャスト合金なので、刃物の材質も安物のドライバー流用で十分です。

実は、諸事情で急遽入院中の2本サス世代の BING 40Φ CVキャブレター が、水入り&不動放置と誤った整備の後遺症で、どうやら10年以上、内部回路に垢を積もらせたままであったようで、少々ひどい汚れでも落としてしまう洗浄方法を採っても、厚く付着したコンタミ(≒汚れ)がとれず、また、パッキンとなるOリングの座や、重要な回路が荒れたり盛り上がったりしたままのところがありましたので、それを整える作業の為、ミニチュアサイズの刃物製作と相成った訳です。

(H)

 

---それにしても...
精密さや清浄さを要求される機械組立の途上で、同じショップ内でグラインダーをガンガン使うのはイケマセン。 全部ウエスやブルーシートで囲っての作業になります.. 。
f:id:motoholic:20161202132904j:plain

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。

BMWロゴの研ぎ出し(R80 R100 スターターカバー)

BMW レギュラーメンテ&セールス いろいろなこと

R80(アップハンドル/FCR)のスターターカバーのロゴマーク、エンジンフロントカバーとロッカーカバーの短いフィンの研ぎ出しが完了しました。 地色の黒は傷んでいますが、ヘアラインは新車より綺麗な筈です。これだけで、大いに引き締まって見え、車齢を忘れさせてくれます。
f:id:motoholic:20161127160955j:plain

 

今回は黒塗装があまりに傷んでいたので、オキツモの半ツヤを塗ってからの研ぎ出しです。
f:id:motoholic:20161127160952j:plain
平滑な当て板を使って研ぎだすと、元の雑な仕事はすぐにバレます。新製時の研ぎ出しは機械力を使って短時間でなされた仕事であることがよく判ります。
f:id:motoholic:20161127160953j:plain
これを、弾性のある当て板を使って研ぎ上げるとキレイになります。
f:id:motoholic:20161127160954j:plain
最終的には研ぎ出した部分にクリヤラッカーを塗って仕上ます。

 

...こういうのは、昔、カメラメーカーの機械加工現場で働いていた頃に身体で覚えた手法です。 当時、NC工作機械のセットアップが上手くいっているときは暇なので、私のような三下は仕上場の応援に出されるのですが、 そんな折に年配の親父さんたちに混じって日がな一日研磨して覚えた事です。
 器用な方ならすぐに出来そうな事ですが、商品としてお金の取れる仕上りを得るにはあれこれコツが要って 一朝一夕には出来ないものです。エアヘッドツインの機上でこれを磨き出すのも、3回くらい方法を変えています。
 任せといて貰えば、銀塩時代のメカメカしたカメラと同水準の仕上程度は出来ますよ ..って事で.. 。

 

 

<機械屋の四方山話>

当時扱っていた工作機械の一つを紹介します。

Citzen D-16
f:id:motoholic:20161127160956j:plain
当時受け持っていた中の一つ(同型機)です。

解説: 時計部品などを加工するピーターマン型のカム式自動旋盤にNC(数値制御)制御装置をつけたような形式のものです。 (用語はググってみて下さい)
黎明期のNC工作機械で、動作は遅いですが、精度とその安定性が抜群に良い機械です。
X軸送りはモーターは一本で複数のカムを回し、それを油圧メカで切替える事により刃物の選択をしているくせに、デジスイッチで線分の数ミリオーダーで追い込みが効きました。国内に自動旋盤のメーカーはいくつもあれど、私の知る限り、(現在でも)シチズンは最高峰の精度と安定性を持っています。
日本が、高水準の機械時計を大量に生産していた頃の副産物ですネ。
現代でも、高精度のボールネジはシチズンでしか加工出来ない などと言われており、最新鋭の機構を持つものが同じく最新鋭のNC制御装置を搭載して、多様な部品加工に役立っているようです。

画像出典:シチズンマシナリー[自動盤歴史館]

(H)

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。

イグニッションコイルの故障は..

BMW レギュラーメンテ&セールス

当地で開店以来、イグニッションコイルの故障を処置した(する)のは3~4件、今日までの人生のうちではその倍以上はっ.. てところですが、そう多くはなく、大抵は記憶から消え去っています。

タチの悪いのは、その辺にあるサーキットテスターや、整備講習のテキストに出てくる程度の絶縁抵抗計ではコイル異常の検出が出来ず、且つ、見かけ上キャブレターの詰まりや、ポイントの接点焼け(若しくはイグナイターの不良)に診断出来てしまうのに、結果としてイグニッションコイルに行き着いたような事案でしょうか.. 。 そういう案件だけはしっかり覚えていて、当店なりのKnowHowにもなっております。

12V又は6V、若しくはフラマグの発生電圧のパルスを数十KVに昇圧するのがイグニッションコイルの役割ですが、経時劣化、湿気の侵入、熱などで 内部のコイルが劣化してゆきます。
故障する時に単純に断線してくれれば 判りやすくて良いのですが、コイルの特に高圧側の絶縁低下はタチが悪く、症状が安定的に出ないのが殆どで、一寸厄介です。

今日は、初めてお越しのR100CSのお客様のキャブレターを簡易洗浄&調整しているうちに、高圧側(二次側)の発生電圧が低下して失火し始め、目くらましを食らってしまいました。
極似した症状を治した事があるにもかかわらず、思考が即座にコイルに結びつかず、日帰りの予定が、部品貸し出しできるものがあったにもかかわらず、お預かりになってしまいました。
残念至極 ...てところです。

 

<関連過去画像> 

イグニッションコイルの確実な検査には、マニュアルに記載されているより定格の大きな絶縁抵抗計、温度計、加温する為のヒーターが必要です。
f:id:motoholic:20150618230629j:plain画像は初期型RZ250
コイルを45度Cまで加熱すると、絶縁抵抗が低下している事を示しています。
これが、常温では絶縁抵抗計測不能の正常品なのですから.. 。

 

それに、オシロスコープも必需品といえます。
f:id:motoholic:20150429202724j:plain
画像は、Kwasaki 650RS W3 の 正常な点火一次波形。
フルトラ化&2コイルで、R100やR80(2サス モノサス)と良く似たシステム構成です。
一般には、コイルが焼損すると この画面で中ほどくらいにもう一つ山が出来るといわれておりますが、大抵はなだらかな減衰が乱れるように崩れた箇所が見られます。
 残念ながら、一度二次側の絶縁低下を発見しますと、イグナイターの保護の為、一秒たりとも運転したくないので、画像は残っておりませんが.. 。

 
 ...出来れば100KV用高圧プロープを使って、二次(高圧)波形も見たいところですが、流石に高価で、そこまでは持っておりませんデス  ^_^;;;

 

(H)

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。