Motoholic by MBK

東生駒Motoholic、 ..日々の四方山話。

R1150GS マフラー外しと店主の困惑

本日も、R1150GSの続きです。

実は、この車体は10万キロを越えています。地球を2周半した計算ですね。

BMWでこの距離はフツーにいますから、全然珍しくもないのですが、それぞれの個体がきちんと正しい整備をされているかという事になるとハナシは別問題です。

 

当店にやってくるのは、大抵、継続していい加減な整備しか受けられなかったか、または長期間放置されたものが多いです。

販売店が正しい知識を持ってその知識をオーナー様に伝え、メンテナンスをきちんとされていれば、クルマはちゃんと長く働いてくれます。

不具合を訴えても、「古い車ですから、こんなものですよ」の言葉に誤魔化されていませんか? 

車両の違和感には必ず理由があります。

その違和感が致命傷になるのか、単なるお肌の曲がり角の悩み程度なのか、それを見極めないと、知らないうちに重症化して結果的に車体の健康寿命を短くしてしまうことが多々あります。

 

 

閑話休題・・・

今日はマフラー外しの作業が目的じゃないんですが・・・ (ーー;)

えらく時間がかかりました。 以下、店主の困惑と作業内容抜粋

 

 

ナットを外してバンドを緩めてマフラーを抜きますが、ナットが錆びて固着してしまっています。

f:id:motoholic:20150824211732j:plain(ーー;) ナンネン熟成ナノダロウ

 

 

あの手この手と知識と全身を総動員して何とかナットが外れました。

ワッシャは錆がひどくて原型をとどめていませんが、ま、この程度はよくあることです。

f:id:motoholic:20150824211731j:plain

 

 

 ナットが外れても、バンドが錆による膨張で固着しており、それがカバーと一体のため、マフラーは なかなか外れませんでした。  ようやく外れたのがこれですが、先端には まだバンドと一体のカバーが張り付いたままです。

f:id:motoholic:20150824212228j:plain

 

固着してしまって外れないマフラーを留めているバンドですが、バンドはカバーと一体化した部品です。
そして、バンドを留めているボルトも錆による膨張でかバンドに固着してて全く外れる気配がなく、もう、完全に“一体化”してて厄介です。
何か方法を考えます。

f:id:motoholic:20150824214054j:plain

 

 

ワッシャのあたっていたバンドの本体部分に何かついています。

以前組み付け時に何か塗布されているか、膨張した錆かわかりませんが・・・。

f:id:motoholic:20150824211728j:plain

 

たかだかこのマフラー一本を外すのに4時間かかりました(ーー;)

破壊して外すのならコトは簡単で時間もかかりませんが、非破壊でとなると店主のアタマを悩ますことになります。

ちなみに、固着していたネジも効いておらず、マフラーの継目もカパカパで、排気ガスが漏れます。 これでよく車検を通せたものです。 どんな魔法を使ったのでしょう? (*_*)

 

 

見えない足回り周辺は、気をつけておかないと単純作業で済むところがこのように作業困難となります。

 

店主の作業は続行中デス・・・

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・
奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。