Motoholic by MBK

東生駒Motoholic、 ..日々の四方山話。

タンク洗浄作業事例(CBR250)

保管状態が悪い車両は、タンクの中も大変なことになっていることが多いです。
入庫車両の多くにタンク内の錆が見られます。
これまで扱ったタンク洗浄の中から、一例ご紹介します。

 

以前、協力店よりCBR250のタンクを預かりました(手前のもの)
これは作業後の画像ですが、ボウルに乗っているのは、タンク内より除去した錆です(ーー;)

f:id:motoholic:20151015193041j:plain

 

作業開始前に中を覗いてみました。

f:id:motoholic:20151015193040j:plain

錆が がっつり出ました。

f:id:motoholic:20151015193039j:plain

 

錆取り作業後の内部の様子

f:id:motoholic:20151015193038j:plain

 

このタンクの出元は、ヤフオクだそうです。
購入後、あまりに錆がひどいので当店に錆落しの依頼が入りました。
幸いにもタンクに穴が空くほど深刻ではありませんでした。
穴が空くほど深刻であった事例もありますが、こちらについてはまた後日ご紹介します。


これからの季節、冬眠車両が増えていくかと思いますが、保管中のタンク内の結露を防ぐ為にもタンク内にはガソリンを満タンをオススメします。ついつい乗りっぱなしで放置して春まで結局乗らずじまいであった、というのはよくあること。
ツーリング帰りに近所のGSで満タンにする習慣をつけると安心です。
キャブレター車は、長く乗らないと思った場合にキャブレター内のガソリンを抜いて下さい。
キャブレター内でガソリンが乾くと、キャブレターが詰まる原因になります。


ガソリンがキャブレター内で乾くとこんなふうになります(底にこびりついたゴミを引っ掻いてみました)
こちらのキャブレターは、乗車した後にしばらく乗らずにいて乾いてしまうことを繰り返した結果です。

f:id:motoholic:20140923203409j:plain

 

上記キャブレターの洗浄中ですが、こびりついたゴミがぼろぼろ浮いてきます

f:id:motoholic:20140923203410j:plain

 

ちょっとした手間で、後の不要な出費が抑えられます。
愛車には手をかけてあげて下さい(^_^)/

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。