読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Motoholic by MBK

東生駒Motoholic、 ..日々の四方山話。

穴あき修理(クランクケース)

 ご紹介のお客様で、別件で来店されましたが、店頭に駐車されるなりオイルがポタポタ滴っていて、お客様も何か敷かなくていいか.. と言われるものの、急に激しく漏れ出したようで何がおこっているかはご存知無い模様。

調べますと、クランクケースのジェネレーター側のカバー(ケース)に小さな穴が空いて、そこからオイルが噴出していました。 なんとかエンジンオイルが枯れる前に到着されましたが、オイルも全量1.2リットルのところコップ一杯半くらいしか出てきませんでした。

f:id:motoholic:20160820135435j:plain
アルミ板を手叩きで成形し↑ 、エポキシでくるみ込むように貼りつけ、補修↓ 致しました。

f:id:motoholic:20160820135436j:plain
デブコンやエポキシパテでなく、薄板を一枚、キッチリグラインダで素地調整の上接着するのがウチの流儀です。 ご予算があれば取外して交換か、外観を整える作業を施すのですが、低予算で 確実な漏れ止め と 耐久性 を確保するにはこれで充分です。

 

 ...さて、これはどうした事でしょう..

車種がビッグスク(当店では、紹介以外でさわる事がありません)なのですが、ローダウンと “プチ” ロンホイされていまして、それが原因でセンタースタンドがエンジンに喰い込んでいたようです。

センタースタンドのストーッパーは、クランクケース底部にローラーを這わせるようになっているのですが、そのクランクケースが ロンホイの金物によって4-5cm後退している為、加減速でエンジン丸ごと大きく揺れる度にセンタースタンドのストッパーローラーが所定の位置を外れ、エンジンを削っていたと思われます。

f:id:motoholic:20160820135434j:plainこの後、センタースタンドストッパーのガイドレールを製作して、この部分の修理は完了と致しました。

f:id:motoholic:20160823135321j:plain

 

設計的に破綻 してる「カスタム車」をよく見かけます。
内容によっては大事故につながりかねぬものもあります。
浅知恵で「カスタム」するのは、やめておきましょう!

  

(H)

 

・・・Motoholic(モトホリック)・・・

奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなバイク屋です。
店主は /7系空冷BMWが得意です、ご相談下さい。