Motoholic by MBK

東生駒Motoholic、 ..日々の四方山話。

Fuel Tap (R100Trad W650)

Fuel Tap 燃料コックの事ですが、定期整備で見つかったものと、燃料を漏らしながら走っていたもの2題です。


 - ひとつ目は BMW R100 Trad、
車検整備の際に燃料コックを閉じているのにオーバーブローしていて、燃料コックの漏れが見つかりました。
f:id:motoholic:20181112153615j:plain
f:id:motoholic:20181112153617j:plain
パッキンの傷の為に、完全に止まりきらずにいました。
回転する弁体に小さな腐食があり、それに掻き取られたようです。
パッキンの在庫もあり、弁体にと石を当て、ガソリンに溶けないグリースを使って新しいパッキンに交換したら完了です。
BMW空冷ツインは、今でもこんな細かな部品が手に入るので助かります。


 - ふたつめは Kawasaki W650
一見さんのご近所の方で、負圧式の燃料コックから ガソリンが外部に滲んでいて、相談を受けていたのですが、ポタポタと滴り落ち始めたので、お待ちのお客様押しのけて、緊急に入庫致しました。
f:id:motoholic:20181112031404j:plain
f:id:motoholic:20181112031405j:plain
どうやら タンクを除錆洗浄 した経緯があるようなのですが、その際に燃料コックを外さなかったのでしょう。 ストレーナーもバルブ内部も 除錆剤と反応した後らしい錆粉だらけで、手動の切替弁はパッキンが欠けているわ、負圧弁部分は 錆粉を噛んで閉まらなくなっているわ、自分自身も腐食してしまっているわ、果ては負圧弁のダイヤフラムを貫通する軸のカシメが緩んでしまってるわ、もう、ボロボロです。 こちらはBMWと違って単品部品は出ないので 丸ごと Ass'y交換 です。


W650 の後ろ姿です。
f:id:motoholic:20181112031403j:plain
Kawasaki 650RS W3 は、時々入庫するのですが、W650は そのリバイバル版。 遠目にはよく似た印象なのですが、乗り味も中低速域では似せてありますが、全く似て非なるものですね。 このリヤタイヤの太い事。

 

  

・・・Motoholic(モトホリック)・・・
奈良 東生駒BMW空冷ツイン好きなショップです。

☆車検のご用命は、期限満了2ヶ月前迄に御予約お願い致します
☆当店からの車検期限満了のご案内は致しておりませんのでご注意下さい。